So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

プロフィール画像UPしてみた [その他]

プロフィール画像はワラーチか街道っぽい所の画像を自分で撮っていつか載せたいと思っていた。
思っていたけど、どうも良い画像が用意できないので空欄のままにしていた。
が、先日紹介したポーズスケルトンが中々秀逸で、
プロフィール画像にちょうど良い写真が撮れたのでUPしてみた。


これならランニングで行った先での記念撮影も撮りやすいと思うので、
遠出のお供にぜひ連れて行きたいと思うようになった。
例えば、


とか


とか、なんでもない風景でもポーズスケルトン君のおかげで特別な場所になるかもしれない。
今後の彼の活躍に期待したい。



WBC侍ジャパンが決勝に行けますように!

リハビリラン67日目 [ランニング]

so-netブログの画像のキャパシティーがあまりないと聞いたので、
日々のランニングのガーミンコネクトのデータはツイッターから引用することにしてみた。


16㎞をキロ7分4秒のペースで走った。

今日は暖かいせいか、身体が軽く感じてついついペースが上がってしまい、
その度にガーミンに心拍数が高いよ!怒られるというのをしばらく繰り返していた。
身体が軽く感じても、いつものペースでいつもの心拍数を示していたので、
感覚というのはあまりあてにならないなと思った。

心拍計をつけていなかったら、
「今日は調子がいいぜ!」とか言って、撃沈しちゃうんだろうなぁ、
なんて考えなら後半は走っていた。

それでも慎重に呼吸を観察していれば、その罠にもかからないのだと気づいた。
それが結構大きな収穫だったかもしれない。

走りなれてくると、ついつい身体の観察を忘れてしまって、
余計なことを考えて今現在を離れがちになってしまう。
気をつけなければ。くわばらくわばら。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ポーズスケルトン [その他]

Amazonのツイッターでポーズスケルトンというのを紹介していて、
ランニングフォームの研究に使えるかもと思い購入した。
P3170990.JPG
15ヶ所の関節が動いて色々なポーズをとらして遊べるという。
普通の骨格標本とかは買えないけれど、
これなら10センチくらいと小さいし、安い。

遊んでみると、走る体勢を取らせるのが結構むずかしい。
こっちを動かすと、あっちが何かおかしいし、
そっちを直すと、またどこかが何かおかしい感じになってしまう。
何気に二足歩行してるけど、凄い高度なバランスをとって普段生活しているんだなぁと実感した。
上の画像は後ろ足が流れてしまって良い走り方ではないのだと思うけど、
「走っている感」が唯一出て撮れていたので採用した。

P3170993.JPG
外袋を外すと、こんな透明なプラスチックの箱に入っている。
これを見ると、足と足の間は1足半くらい空いているのがやっぱり自然なのかもと思う。
今の走りよりも、もうちょっと足の間を空けてみても良いかもしれないと最近考えている。

このポーズスケルトンの公式ツイッターでは、
ポーズスケルトンを使用した色々な画像がリツイートされているのだが、
公式の人が厳選してくれているので、レベルの高い画像が多く、
見ていてとても楽しい。

遊びながら、何かランニングのコツみたいなものをつかめたら、
どんなに面白いだろう。
Amazonで送料無料の2000円以上に調整するために、もう1体注文してしまった。
しばらく、色々遊べそう。

リハビリラン64日目 [ランニング]

リハビリラン64日目は、16㎞を7分3秒のペースで走ることができた。

最近のリハビリランでは、キロ7分前後で走れている。
腸脛靭帯炎の兆候も現れず、
順調にリハビリできている感じがしていて嬉しく思う。

走り始めの2~3キロに出ていた、心拍数が異常に高いという現象が、
この2回ほどのランニングでは出てこなくなったので、
それが精神的にもラクに感じられる。

鼻でラクに呼吸できる範囲で走っているのに、
走り始めは180とか心拍数が表示され、
結果、ランニング全体の平均心拍数が10くらい高く記録されてしまい、
なんとかならないのかな?と思っていた。

心拍数180が正しければ、、
マフェトン理論で逆算すると、
過去2年間順調にトレーニングができている0歳児ということになり、
ありえない数字であることは分かっていながら、
もしかして身体のどこかに異常があるのではとちょっと心配になったりしてしまっていた。

実測するとそこまで早く脈は打っていないので、
心配はないのだが、やはり気持ちが悪い。

なので、このまま走り始めの異常値がでないでデータが取れていければと思う。

今月末には平均ペースでキロ6分台に乗せられそうだ。
できればキロ6分30秒は切っていると嬉しい。
更に欲を言えばキロ6分前後で走れていたらもっと嬉しいと思う。

リハビリラン64日目.png
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

2月まとめ [ランニング]

2月は28日中15日走り、走行距離は164㎞だった。
1.2月まとめ.png

1月にリハビリにしては走りすぎだった感もあり、
膝の違和感が出てきたので150㎞とちょっと走れればいいかなと思っていたので、
ちょうど良い感じで走れたと思う。

日々の波はあるものの、
1月から見てみるとキロ8分台だったのが、
だんだんキロ7分台で走れるようになり、
2月は6分台で走れた日も出てきた。
遅いなりにも成長している実感があり、
長い目で見れるようになってきたように感じる。
その日のデータだけでぬか喜びしたりガッカリしたり、
右往左往しないようにしたいと思う。

膝の違和感はフォームを気にしないで走ると感じることもあり、
まだまだフォームの改善は道半ばといった感じだろう。

心拍も抑え目で2日に1日のペースでのランニングだったので、
身体的にはとてもラクに走れている。
2月は梅、早咲きの寒桜、沈丁花等が咲き始めて、
そろそろ木蓮の花の蕾も膨らんできて、
季節の変化を眺めながら走るのが楽しい。

3月もラクなペースで走りたい。
キロ6分台が普通になって、キロ5分台も出るようになれれば嬉しいのだが。
200㎞くらいを目処に頑張りすぎないように注意したい。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

リハビリラン56日目 お久しぶりですキロ6分台 [ランニング]

前回の記事で成長が見られないと愚痴ってから、
何故かタイムが速くなってきている。

平均ペースがキロ7分27秒から、
キロ7分14、7分11、7分06、ときて、
昨日は6分52秒と7分台を切ることができた。

こんにちは、キロ6分台。お久しぶりですキロ6分台。

リハビリランを始めてから3か月経つ。
やっと回復の兆しが見えてきたといえるだろう。

あとは腸脛靭帯炎が再発しないように、
着地を気をつけたい。
気を抜くとまだまだ内股気味に着地してしまうので、
右足の膝の外側、太ももの外側に違和感を感じたら要注意。
普段の生活の中でも、内股気味になったときに、
右ひざや太ももに違和感を感じることがある。
腸脛靭帯辺りにかなり敏感になっているのを感じるので
普段の歩きや日常から気をつけることができている。

コンスタントにキロ6分を切れるようになったら、
リハビリランを終了としたいと思う。
当初6か月くらいとなんとなく目安を立てていたので、
その頃には達成して、峠走とかトレランとか街道ランとかするのが楽しみだ。
多少見通しがついたので、ちょっとホッとしている。

リハビリラン56日目.png

リハビリラン52日目 [ランニング]

本日のランニングは、10㎞をキロ7分27秒で走った。

最近、下り坂で心拍数が上がりづらいときに、
調子に乗ってスピードを出しすぎて、
結局心拍数オーバーになることが多くなってきた。

ので、ガーミンの心拍数のアラートを2拍下げてみた。
アラートを下げただけで、目標心拍数は変えていない。
呼吸に気をつけていれば分かるのだが、
フォームを意識しすぎて度々わすれてしまうので、
ガーミン頼みになってしまう今日この頃。

効果は、まあまあ有って極端にオーバーすることもないみたい。
かといって、ペースが遅っているかというとそうでもなく、
今までとあまり変わらない。

良いほうにも悪いほうにも変わってない感じがして、
目に見える成長があまり感じられない。
キロ7分30秒くらいでウロウロしている。
平均ペース.png
↑ペースが速くなっているところは目標心拍数を上げたため

モチベーションを上げるべく最近のデータを見てみると、
上り坂区間でのペースがわずかながら、速くなっているらしい。
1キロごとのデータだが、キロ8分台がなくなってきた。
1ヵ月前のリハビリラン32日目にも同じようにデータを見ていて、
上り基調でキロ9分台がなくなってきたとブログに書き込んでいた。
(『リハビリラン32日目』)

低いレベルにも関わらず成長が遅い。
なんかこう盛り上がりにかけるというか、
走ること自体は遅くても面白いのだが、
なんだかパッとしない。
1か月後には、このくらいの走力になってて、
そうしたら遠出して和田峠でリベンジだとか
『案下道(あんげみち)走ってきた 和田峠にて峠走』
4月にはお花見ランニングに出かけようとか、
ちょっと先の見通しが見えればモチベーションも上がるというものじゃないか。

その見通しが立たない状態でモチベーションを上げるためには、
新しいガーミンでも買うしかない!と思い込み、
買ってしまったForeAthlete 910XTJ
P2180913.JPG
新しいと言っても中古だけど今まで使っていた405より進化しているのでかなりの満足感。
成長があまり見られないながらも、
あぁ、早く次のランニングがしたいなぁという気分で過ごせている。

リハビリラン49日目 [ランニング]

腸脛靭帯炎の兆候が出始めた右ひざは、
その後違和感を感じることなく走ることができている。

着地を気をつけているせいか、走る頻度を減らしたせいかはまだわからない。
着地の際の足の位置を気にするといっても、
気にし方を変えてみた。

足先に意識を集中していたのを、骨盤を意識するようにして、
骨盤の外側の真下に着地するようにすると上手く走れている気がする。
どうも最近、足元を目でみようとして前傾気味になっていた模様。
自分の感覚と実際の足の位置が違ってしまっているからこその問題か。
分からなくなったら、シンプルに考えるのが良いのかもしれない。

今日は11㎞弱をキロ7分23秒で走ることができた。
リハビリラン49日目.png
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

リハビリラン46日目 まさかの踵着地 [ランニング]

また膝の違和感が出てきてしまったので、
フォームの確認のためにいつも履いているワラーチの裏を見てみたら、
P1300836.JPG
踵の部分が一番すり減っていた。

薄底靴で走り始めて、そのままずっときたので、
ちゃんとつま先着地ができていると自分では思っていた。
そう思っていたけど、ワラーチを見るとどうやら出来てない。
腸脛靭帯炎の原因もここにあるのかも。

今までは踵は意識しないで、
つま先先行でも足裏全体で着地しているつもりでいた。
だけど、踵に一番比重がかかる着地の仕方をしていたらしい。

とうことで、またのフォームの改善を試みる。
・内股に気を付けて外側に着地するイメージで、
・踵を地面につけないようにつま先着地を意識して、
・膝が伸びすぎないように低い姿勢を保つようにする。
この3点に気をつけながら、
心拍数が上がりすぎないようにする。

たったこれだけのことが中々できない。
膝を曲げるとペースが速くなってしまい、
心拍が上がりすぎてしまう。
ペースを落とすとフォームを保つのが難しくなるというジレンマ

普段から踵をつけないように意識して生活することにした。
どうか正しい走り方が身に付きますように。

1月はリハビリ中にしては走りすぎかもしれないと思い、
2月は2日に1回10㎞というペースで、
膝の状態を見ながら走ろうと今日決めた。
月間150㎞を目標に走りすぎないように、
でも膝の状態を見ながら200㎞くらい走れたら嬉しい。

今日のランニングは、11㎞弱を7分25秒のペースで走った。
リハビリラン46日目.png
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

1月まとめ [ランニング]

1月は31日中、22日で252㎞走ることができた。
1月まとめ.png
遅いペースながら、意外と距離が伸びていてびっくりした。
リハビリにしては、走りすぎだろうか?

目標心拍数を上げたことで、適切なペース設定になった実感があるので、
それが今月一番の収穫だっただろうと思う。
膝に違和感が出てきて、腸脛靭帯炎再発の懸念があるのが心配。
ランニングフォームの改善でどうにかしたい。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の10件 | -