So-net無料ブログ作成
検索選択

ワラーチで500km走ってた [ランニング]

脹頸靭帯炎っぽいから、とりあえず1週間走るのをお休み中で暇なので、
ワラーチのお手入れでもしようと思ってよく見てみたら、
ちょうど修繕が必要な感じになっていた。
P6180749.JPG
これで大体500kmくらい走った状態。

踝の下の真田紐が意外と汚れていないのが不思議。
走っている時は踵はちゃんと地面に着いているハズなのに。

鼻緒の部分はワラーチを作って試走した後に、
擦りきれないように1回シュグーを塗って固めておいた。
そのシュグーの部分がすり切れて真田紐がコンニチハしてる。
1回この作業をすれば500km走れるということになる。

1足のワラーチで2000kmくらい走れればいいかな、と思っていたけど、
この感じだと3000~4000kmくらい走れそうな感じがする。
月間300kmとして1年くらいは走れるという計算。
ワラーチすげー!

そしてワラーチがちょっと反ってきていることに気が付いた。
P6180752.JPG
たまに足が上がらず、つま先側をベローンと逆反りさせてしまう時もあるので意外だった。
使い込んでるって感じがして良いかもしれない。

この走れない時間を使って、
新しいワラーチでも作って、
夏の間に普段使いして足に慣らさせてみるのも良いかなと思っている。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

膝が痛い [ランニング]

どうやら脹頸靭帯炎らしい。
所謂ランナーズ・ニーと言われている症状で、
右足のひざの外側に痛みがある。

街を走っていて信号が変わりかけの時に、
ダッシュしたらその後の走りが結構良かったので、
最近、度々ダッシュをするのを取り入れていたのだが、
それが脹頸靭帯炎の原因になった模様。

それと、最近ちょっと頭の位置が前気味になっていたのが気になっていたのだ。
さらに内股気味にもなっていたかもしれない。
膝の違和感もあって、気づいていたのだが、痛みがなかったので軽く考えていた。
違和感がある時点で対処するべきだった。

靴からワラーチにして、足への衝撃が大きくなっていたので、
もっと慎重に走るべきだった。

騙し騙し走っていたけど、今朝20km走れる時間があったにも関わらず、
16kmで走るのを終わらせてしまうほど痛みが出た。
その後普段の生活には支障はなかったけど、
どうやら脹頸靭帯炎らしいと分かったので、
ネットで見かけたマッサージを試してみたら痛みが出てきて、
しかもちょっと腫れてしまった。

とりあえず1週間くらい走るのは自重しようと思う。
ワラーチに慣れてきて、もう故障はしないと思っていたところなので、
凄く残念。

普段の姿勢も最近悪くなっていた自覚もあるので、
もっと自分の現状に意識をもっていかなければと反省している。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

心拍計を買った [ランニング]

心拍は心拍計なしで手計りで計ってきたけれど、
計る時に止まらなくてはならないし、
常時計測ではないので度々オーバーしているだろうことも多かったと思う。

中古のガーミンを購入したことで、胸バンド式の心拍計を使えば、
GPS情報とともに心拍のデータも取れるようになるので、
今やっていることの確認も兼ねて心拍計を購入した。




で、今朝早速心拍計をつけて走ってみた。
平地では今まで通りの感覚で
マフェトンの180公式(180-年齢)に近い値で走れていたけど、
上り坂では5拍ほどオーバーし、下り坂では20拍ほど下回っていた。

上り坂ではいつも計っていたので、オーバーはしていないと思っていた。
けれども坂を上りきってから立ち止まって計っていたので、
その立ち止まった分を差し引いて考えなければいかなかったらしい。
心拍数をオーバーしないように走ってみると、歩くよりマシといったスピードで、
マフェトン理論を始めた頃と同じくらいでしか走れなかった。
上り坂ではしばらく我慢の走りが続きそう。

一方、下り坂では調子の乗り過ぎてオーバーしないようにと考えていたのだが、
これほどまでラクをしていたのかと驚いてしまった。
ということで、理想とされている心拍数まで上げるように下り坂を走ってみたら、
結構なスピードで走ることになって更に驚いた。
この下り坂を利用すれば、心拍を上げすぎないでスピード練習ができそう。
そろそろ何かしらのスピード練習をしたいな、
と思っていたので丁度良いタイミングで心拍計を使い始めたのかもしれない。

上り坂では、歩くように。
下り坂では、ダッシュに近い感じで。
とメリハリをかなりつけて走ることになりそう。
マラソンはイーブンペースでということをよく聞くけど、
その説とは正反対のことをしなければならないので、
大丈夫だろうかと心配になったりもする。

結局坂道では、上手く心拍数をコントロールできずに走っていたことが分かったので、
常時計測できる心拍計は買っておいて良かったと思う。
古いガーミンを買ってしまったので、胸バンド式の心拍計を選ぶしかなかったけど、
手首で心拍を計るガーミンは魅力的だ。
今の機種(forerunner 405)を使い倒したら、購入を考えてみたい。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ