So-net無料ブログ作成
ランニング ブログトップ
前の10件 | -

右足が猫パンチしてた [ランニング]

最近あまり上手く走れていない。

自分の走りを観察してみると、たまに右足が内股気味になってしまっている。
これは半年もランオフに追い込まれた腸脛靭帯炎の原因にもなったクセだ。

その内股気味の着地の時は、
猫パンチみたいな感じで着地している。
足がグーになって外から内に地面を掴みにいく感じ。

これを矯正しようとして、なるべく外で着地、外で着地と
意識したきたけど気を抜くとたまに猫パンチ内股になる。
今月3日の42㎞走の時は上手く走れたのに何故だ!と思いながら走る。

なんで猫パンチっぽいんだ?と走りを観察してふと気が付いた。
気をつけるべきは着地の位置じゃなくて、
足がグーになってしまう方じゃないかと。
更に観察をしていくと、
グーになることで着地点が内側にズレてしまっている。
おぉ、コレか!

着地前は足をパーにして、小指を開くように意識してみる。
そして着地をすると足が勝手に地面を掴んでくれる。
おぉ、この感じ!
薄底の靴で走り始めた頃は、よく意識していたのに忘れてた!
最近の急な寒さで、縮こまっていたのかもしれない。

昨日の朝ランで右ふくらはぎ外側に張りが出たのも、
小指が使えず親指側に負担がかかったからではないか。

これで42㎞走の後に出来ていた走り方が再現できるだろうか。
その時は1段階レベルアップできた感があって、
これからしばらくは右肩上がりで走れそうだと自分に期待してたけど、
ちょっとしたことで走り方が分らなくなったりするものだと思わさせることが続いたので、
慎重に(かつ大胆に)、そして上手く走れたらいいなと思う。

5月頃から走りが良くなる予感がずっっっっっっっとしてるけど、未だならず。
この予感がずっとあるから、焦らず続けられてるのもある。
明日できるようになるか、何年後にできるようになるか分からないけど、
できると信じて走っていきたい。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

故障の心配がないと分かったので調子に乗って40㎞走 [ランニング]

どうやら走り方の改善で膝の違和感がなくなりそうだと分かったので、
2週間ぶりに40㎞走をしてきた。

心拍計を付けなかったのと、寒かったのとでペースが上がった。
前回の40㎞走と比べると、上手く走れたと実感した時間が短かったような気がする。
30㎞以降は疲れも出てきて、着地が雑になってワラーチをパタパタいうこともしばしば。
通行人に振り向かれることも多かったので、申し訳なく思う。
そのせいで足裏が擦れたような痛みも出てきてしまった。

と言ったものの、今回も(足裏以外の)ダメージは感じられず、
給水も上手くいったので体調不良も起こらず、
「普通」に40㎞走をこなせた感覚があるので満足はしている。

40kmを3時間以内に走れるスピードがあれば、午前か午後にねじ込めるのだが、
お昼をまたいで両方となると時間のやりくりが大変なので、
20㎞×2 とか 20km+25㎞ とかをこなしつつスピードもつけて、
いつか「普通に100㎞走る」ことができればいいなぁ、と皮算用した日曜日だった。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

膝の違和感を無くそうとしたことで別の膝の違和感が出てた [ランニング]

今月上旬にフルマラソンの距離を走ってダメージもなく、
その次のランニングでは凄く上手く走れて天狗になったのも束の間、
段々走り方が分らなくなり、膝に違和感が出てきて「故障」の予感が頭をよぎり、
天国から地獄へ落ちてしまうのか?と思っていたところ、
その違和感の原因が今朝のランニングで判明した。



記事「42㎞走から1週間」では、
>右ひざ裏の痛みが42㎞走のダメージなのか、
>(たぶん無い)
>今月に入ってから月400㎞超えるペースで走っているせいなのか、
>(今年は300㎞を越えた月がない)
>ただ単に走り方が悪いからなのか、見極めたい。
と書いたが、ただ単に走り方が悪かったらしい。


で、何がいけなかったかというと、

膝が伸びた状態で着地していた

というだけだった。


42㎞走の30㎞越えた辺りから、疲れから腰がくの字に曲がって前傾が強くなっていた。
膝に違和感が出てきたので、腰を伸ばして前傾を直してみると、
調子よく気持ちよく走ることができた。
この成功体験から、腰を伸ばして前傾を防ぐ意識が強くなり、
腰を伸ばすのと連動して膝も伸びてしまい、
突っ立った状態での着地で膝に違和感が出始めてきた、ということらしい。

分かってみれば「なんだぁ、こんなことか」とバカバカしく思える。
膝の違和感を直すためにやってたことが、また別の膝の違和感を誘発するとは・・・・。
好不調がこんなにも隣り合わせだとは思わなかった。
まあ、こういう引き出しが増えるのは良いことだと前向きにとらえよう。

最近あまり上手く走れていなかったので面白くなく、
今朝は20㎞走れる時間に起きたのに走ろうかサボろうか、迷ってしまった。
身体の声を聞くと「走ろうぜ」と言うので、結局は走った。
走っておいて良かったと思う。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

新宿御苑で裸足ラン [ランニング]

足の違和感の状態を観察するべく新宿御苑の芝生部分を裸足で走ってみた。


走り始めの感覚としては、意外と踵がガッツリ地面に着いてるなと感じた。
自分が思っているより軽快ではないらしい・・・・。
主に芝生の上を走り、芝生を横切る道の部分のみアスファルトの上を走るのだが、
そのちょっとのアスファルト部分が荒れていてかなり痛い。
痛ッ、痛ッ、と思わず声が出そうになる。
裸足で荒れたアスファルトは中々難易度が高いなと思う。

だけど芝生の上では、気持ちよく走れる。
徐々に小指が開いてきて足裏全体を使って走れている感覚が分かった。
段々上手く走れてアスファルトも平気になる、ということは無く、
5㎞くらいで足裏さんがギブアップしたので、ワラーチ履いてその違いを確認した。

ワラーチで気になったのが、右足の鼻緒部分。
ワラーチの裏で紐を結んで固定している。
この部分は接地して切れやすいので、靴補修用のボンドで固めて保護していて、
その分厚さがその部分だけ厚くなってしまっている。
履いているうちに慣れてしまっていだけど、
どうやらこれが良くなかったらしい。

裸足で走った後にこのワラーチで走ると、この鼻緒部分が気になってしょうがない。
左足の当該部分はトレラン中に切れてしまったのでボンドを剥がして、
結んだ紐はペチャンコになっているため気になることは無かった。

この左右のバランスの悪さが、良い走りが継続できない原因だろうか?
でもこのワラーチで42㎞走って、更に次のランで上手く走れたし・・・、
と色々考えてしまう。

今回、裸足で走ってみて思うのは、
足裏以外の負担は全く無いということ。
裸足でのスキルが上がれば、かなり楽に走れるだろうと実感した。
普段の朝ランで裸足で走れる区間を作れないだろうか、などと考えてしまう。
今後、裸足でのランニングも取り入れていきたい。

nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:スポーツ

42㎞走から1週間 [ランニング]

先週の42㎞走の後、1週間で4回走った。

最初は、中1日で11㎞キロ6分17秒のペース。
 疲労抜きというか疲労確認ラン。
 すごく上手く走れた。「楽に軽くスムーズに」の、楽に軽くまで確認。
 42㎞走のダメージは感じられず。

更に中1日20㎞キロ6分03秒のペース。
 まあまあ普通に走れた。

更に中1日12㎞キロ6分24秒のペース。
 風が強かったが、ブレることなく安定した走りができた。
 右ひざに違和感があるも腸脛靭帯炎のそれではない。

翌日15㎞キロ6分のペース。
 尻を締める感覚が分からなくなってしまった。
 振り返ると硬い走り方をしていたと思う。
 右足のふくらはぎ外側、太ももの外側が硬い。走り終わってから右ひざの裏が痛い感じ。

段々、走るのが下手になってきている。
良い走りが出来ていると実感している時は、なるべく何が良いのかよく観察しよう。

右ひざ裏の痛みが42㎞走のダメージなのか、
(たぶん無い)
今月に入ってから月400㎞超えるペースで走っているせいなのか、
(今年は300㎞を越えた月がない)
ただ単に走り方が悪いからなのか、見極めたい。

寒くなってから2代目ワラーチでばかりで走っているからだろうか。
指先が地面に着く1代目ワラーチで走って確認しよう。
これから寒くてムリ!ってなるまで朝ランは1代目草鞋型ワラーチで走ろうと思う。

↓1代目草鞋型ワラーチ
P8221814 (2).JPG
これで地面を蹴ってしまうと指が痛いので、蹴らずに走れるようになる。
最近、着地が雑になってきているので、集中して気をつけたい。

とにかく、尻の穴を締めてインナーマッスル優位にして表層筋はリラックスして走る、ことを目指す。
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:スポーツ

ワラーチでフルマラソンの距離走ってみた [ランニング]

今月は週末の長距離走を40㎞にしよう、ということで調布の深大寺まで走ってきた。
せっかく40㎞走るならフルマラソンの距離まで走ってしまおうと企画した。

朝、意外と寒かったので水は500mlだけトレランバッグに入れて出発。
(これから40㎞も走る自覚がないらしい。)
出発したばかりなのに、寒さのせいかオシッコがしたくなる。
信号で止まったら更に尿意が高まり、焦るおむすび(管理人のことです)。
公園のトイレにまさに駆け込み、ギリギリセーフ!

これがトラウマとなり、喉が渇いても折り返し地点の深大寺につくまで、
水分補給をしないで走ることになってしまった。
水をトレランバッグに入れて、取り出すのが面倒だったということもある。
意外と寒かった朝とは違い、日が高くなるにつれて暑くなり、
ジンワリ汗もかいていたのに・・・・。
普段から身体の声を聞くのが大事だと自分で言っているのが恥ずかしい。

それでも往路は普通に走れて無事に深大寺に到着。
大体2時間15分。


これだけ水が豊富なのに一般の人が水を汲む所がないのは惜しい。
人が多くて混乱するからかもしれない。

それから紅葉を見たり、

妖怪見たり、石像見たり、

小一時間ほど深大寺で過ごし復路へ。

復路の走り始めは目標心拍数を気にしていて、ゆっくり走っていたけど、
すぐに心拍が上がってしまい、ちょくちょく歩くことになり、
このままではいつ家へ帰れるのか分からないので、
心拍数は無視して鼻呼吸で行ける範囲で走ることにした。

残り15㎞地点くらいで最初の水が無くなり、コンビニで500mlの水を購入。
この水は残り5㎞地点で無くなって、以後早く帰りたい心理で無給水でしのぐ。
往路で我慢しなければ、1500mlでちょうど良かったのかもと思う。

汗をかく→ドロドロ血になる→血の巡りが悪くなる→心拍数が高くなる
こんなシステムと考えていいだろうか?

足はというと30㎞を越えたくらいで、両ひざにちょっと違和感が出てきたくらいで、
それは疲れが出始めて前かがみになっていると判断し、姿勢を直すとその違和感もなくなった。
この時に、そういえばワラーチでの最高距離になっているなぁ、と思いながら走っていた。
ワラーチ以前に50㎞以上は走ったことがあるので、距離に対する不安はあまりなかったけど、
いざ実際に自分の身体で走れると分かると、とても嬉しい。

心拍数を無視したこともあり、結局は復路の方がちょっと速く走れて、
4時間28分でゴールすることができた。

家へ帰ってから何故か給水するのを忘れていて、
みかん2個と柿を半分食べただけで、お風呂に入り、
またまた給水せずにご飯支度を始めてしまった。
昨日の余り物の天ぷらを温めなおした時の匂いで気持ち悪くなってしまった。
その時初めて、「あぁそういえば給水してなかった・・・・」と気づき、
白湯を少しずつ飲んで15分ほど横になったら、どうにかご飯が食べられるほどに復活した。

往路での給水の我慢と復路での目標心拍数の上限を無視した走りがあったのだから、
せめて家へ帰ってからの給水のケアは怠るべきではなかった。

この体調不良はあったものの、
故障につながるような痛みだとか違和感とかはなく、
翌日の今日も筋肉痛もない。
むしろ身体が軽く感じるくらいだ。
「普通に1日100㎞走る」という目標に少しだけ近づけた気がする。

とか言って2日後の明日に筋肉痛がきておじいちゃんみたいになってたりして。
nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:スポーツ

10月まとめ [ランニング]



今月は中旬からの季節外れの長雨で走れない日が多かったものの、
1日当たりの距離が伸びたせいか269㎞走ることができた。

9月30日にトレランにいってから、
右足が回転して内股気味に着地することに気づくことが多くなった。
トレランが原因で内股になったのではなく、
元々内股気味が多かったのがトレランのお陰で気づけるようになったと言うべきか。
回転させずに、ただ前に足を出す、というのがここの所の目標。

尻の穴を締めて走るのは、継続して意識しているものの、
その走り方が当たり前になりつつあり、
ちゃんと締めているのか、もっと締めた方が良いのか分からなくなってきた。
台風一過の風の強い日でも安定して走れたので、今のままで良さそうだけど、
慣れてくるにしたがって感覚が変わってくるのが難しい。

今月の10日から目標心拍数を5拍上げた。
お陰でキロ5分台がちょくちょく見れるようになった。
キロ5分台で走れるようになったということは、
腕振りができるようになったということだ。
なんば走りにつながる腕振りだろうと勝手に思っているものだが、
故障前につかんだ感覚で、
腕はダランと下げて手の甲を前に向け、右足を上げるタイミングで右手首を上げて、
着地と同時に手首を下げる、というもので左も同じ。
キロ5分台だと手首のみでバランスが取れる。
キロ4分台になると肘から先で同様にバランスが取れるだろう、
というところまで確認している。
その先もっと早く走れるようになれば腕全体を同じ側の足と合わせて振る、
というのを見据えていた。
(記事『キロ4分台で走るために、もうちょっと腕を振る』参照)

やっとこの走り方を試せるようになってきた。
リハビリランを始めて約1年。長かったと思う。
その間の腕振りはというと「普通」にしていたので、
今この腕振りをするのにかなりの意識が必要で、
ちょくちょく「普通」の腕振りに戻ってしまう。
逆にこの腕振りに集中していると心拍が上がりすぎてしまい、
ペースを落とすと腕振りが「普通」に戻ってしまう。
といった感じでなんば走り風と普通の走り方を繰り返している。

・尻の穴を締める
・身体の真下で着地
・足を前に出し回転させない
・腹を前に出す
・腕振り
・心拍を上げない(スピードを出し過ぎない)

大体これくらいのことをしなければいけないので、
走っている間は結構忙しい。
上の4つは骨盤とか腹の意識でまとめられるようになるといいかなぁ、と思っている。

そして11月は週末の長距離走に40㎞走を入れて、
トレランだけじゃなく、できれば色んな所へ出かけて行きたい。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

9月まとめ [ランニング]




9月は30日中18日で290㎞走ることができた。
尻の穴を締めるのを意識し始めて、上手く走れることが多くなって、
前回の記事(『重心の位置について』)に書いた通り、
重心を低くして上手くコントロールして走れた瞬間があった。
もう9月が終わる頃には、キロ6分は普通に切ってて、気温が下がるにしたがって、
どんどん速くなっているんだろうなぁ、と思ってたけど自分を買いかぶりすぎてた。

尻の穴を締める意識を第一に、
着地を骨盤の真下、首を上に伸ばし肩を下げる、という3点を意識している。
考え事をしながら走るのが最近のクセになってきてしまっていて、
それが上手く走れた時の再現ができない原因だと思っている。

当たり前だけど、走りに集中することが今後の課題かもしれない。
重心を低く保ったまま前後のコントロールを上手くできるようにしたい。
あの走りをいつでも再現できるように、走るときは走りに集中したいと思う。

そして9月は本格的にトレランに取り組み始めたのも重要かも。
無心に着地点を選択していく連続が面白い。
ロードのマンネリ解消になればなぁとちょっとだけ期待。

10月は上記3点の意識を基本に重心のコントロールが上手くできるように走りたい。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

重心の位置について [ランニング]

昨日はとても良いランニングができて、こんなツイートをした。


そして今日、昨日のランニングで気づいた重心の位置についての感覚を思い出した。
ついつい忘れてしまうところだった。危ない、危ない。

尻の穴を締めるのを意識して走るようになって、重心の位置が腹の辺りに感じられることが多くなってきた。
今まではどうしてもみぞおちの辺りにあって「ここじゃない。ここじゃ高い」と感じながら走っていて、
どうしたら重心を下げられるか悩んでいたところ、ひょんなことから尻の穴を締めることに行きついた。
(記事『尻の穴を締めて走る』参照)

で、昨日のランニングでその重心が腹にある状態で、
上手く重心を前にコントロールすることができた。
重心を前に移すとそれまでより加速して速く走れるのだが、
重心が腹の位置にあると、胸にある時より、
前後のコントロールがシビアになって難しい。
重心の位置.jpg
画像で説明しようと思ったけど分かりづらいかも。
同じくらい重心をずらそうとすると、
重心が高いほうがずらす距離が長くなり、
重心が低いと、ずらす距離が短くなる。

重心が低い方が安定して走れるけど、
重心がちょっと動くだけで身体の傾きが大きくなって、
コントロールが難しい。

この重心がお腹の辺りにある状態で、上手くコントロールできたのが昨日のランニング。
重心と連動するソフトボール大の球が腹にあって、
それを大きく動かすと重心がわずかに動くというイメージで走れた。
ソフトボール大の球がコントローラーみたいな感じで、
微妙な調整でもコントローラ―を大きく動かすことができるので、
安定した低い位置の重心でスピードを上手くコントロールすることができた。

このソフトボール大のコントローラーは、身体の中だけじゃなくて外にあるのも意識できるので、
昨日のランニングでは腹の前にあって(画像の前の赤い点のあたり)、
重心をコントロールすることができた。
と言っても、それを意識できたのはほんの少しで(1㎞も走れてないかも)、
何かのキッカケで忘れてしまって、今日まで思い出すことがなかった。

この感覚を次のランニングで再現できるかと言ったら自信がないけど、
そういう走りを体験することができたことで、
迷わずその走りを追い求めることができるのが、大きいかもしれない。
次のランニングが楽しみでもあり怖くもある。

また同じ感覚で少しでも走れて、やがてそれが普通になればいいなと思う。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

8月まとめ [ランニング]


↑最後、したと思うじゃなくて、したいと思う、でした。
8月は20㎞を走ったのが2回とサボった感もあるものの、
自転車で80km走ったのとお山へ行ったのを含めると帳尻があってくるような気がする。


この自転車で80㎞はほぼ7時間くらいで、
初めての50km走(記事『50㎞走してみた』)と同じくらいの時間身体を動かし続けた結果、
(この頃はまだガーミンも心拍計も使ってなかったんだなぁと記事を読みなおして感慨にふける。)
同じくらい疲れた。
水分以外の補給はしなかったので、それが思いのほか疲れた原因だろう。
30㎞走までは補給なして大丈夫なので、
そこを超えたらどこでどうゆう補給をどれだけすべきか今後考えていきたい。

あと8月の大きな出来事と言えば、
前回の記事で書いた通り、尻の穴を締めて走る大切さに気づいたということ。
身体が安定して走りやすいし、バランスが崩れるとすぐに気づけるし、
普段の姿勢も良くなるし、と良いこと尽くめだ。
こんなことは基本中の基本で当たり前のことなのかも知れないが、
遠回りしながら遅らせながらも気づけたことは良かったと思う。

9月以降は月に1回でもトレランに行きたいと思っている。
本当なら今日はトレランに行く予定だったのだけど、
台風の影響とみられる雨で中止したことを考えると、
月1回とかの予定だと月に1回も行けなさそう。
2か月に3回とか考えておいたほうがいいのかな?
とにかくお山へ走りに行きたい。

そしてキロ5分台が見えてきたので、
そろそろ腸脛靭帯炎の故障前くらいの感じになってきたみたい。
でもその頃よりは上手く走れているのだろう。
故障しないように身体の声を聞いて大事に走っていきたい。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の10件 | - ランニング ブログトップ