So-net無料ブログ作成
検索選択

リハビリラン94日目95日目 草鞋型ワラーチと路面 [ランニング]

草鞋(わらじ)型ワラーチに改造して2日目のランニング
途中で心拍計の値が上がらなくなったのを良いことに、
走りたいように走ってしまった。


最後の方に信号で止まった際に脈拍を測ったら40拍も心拍計とのズレがあり、
目標心拍数からも20拍くらいオーバーしていた。
でも久しぶりにちゃんと走ったといった感じがして気持ちよかった。

そして今日は心拍計が普通に働いてくれて、


今までと同じペースで走ることができた。
昨日まではあまり気づかなかった、
草鞋(わらじ)型ワラーチでの路面による感じ方の違いについて述べてみたい。

つま先が地面に直接触れるので路面の状態に非常に敏感になる。
石畳や石畳風の路面は表面が滑らかで気持ちが良い。
トレイルっぽい所も少し走ってみたが、
土の感触や草の冷たさ、落ち葉のふわふわと大体気持ちが良い。
逆にアスファルト、特に坂道で滑らないように目が粗くなっている所を下る時は、
チクチク痛いのであまり好きではない。
上手く走れるようになれば問題ないのだろうか?
それと今から心配しても仕方がないのだが、
真夏のアスファルトとか走れるのか気がかりではある。
更に真冬はどうなっちゃうのかな?
と、こんな心配をする前に思い切ってワラーチ改造に踏み切ってよかったw

こういうのは勢いが肝心らしい。
今回の草履(ぞうり)型ワラーチから草鞋(わらじ)型ワラーチへの改造は成功だったと言えるだろう。
今月中のリハビリラン終了という目標も達成が見えてきたので、
楽しみながら慎重に走っていきたい。
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ワラーチ改造 草履(ぞうり)型ワラーチから草鞋(わらじ)型ワラーチへ [ランニング]

昨日の記事を書いた後、早速ワラーチの改造に乗り出した。




切り落としてからエッヂが足裏に当たって靴擦れみたいになりそうだと気づく・・・・。


見た目は粗いけど、履いてみると大丈夫そう。


違和感しか感じないw

※ツイート追記します


早速今朝、10㎞ほど試走してみた。

まず、足先にアスファルトの冷たさを感じる。
なんか良い。

そして、足音が小さくなっている。
ペッタンペッタンと音が響く場所では気が引けていたのがなくなりそう。
これは良い。

そしてそして、足先が敏感になっているのか、
足がどこに向いているかが、着地した瞬間に判る。
足の向きについては、過去記事『足はどっちに向いている?』に書いている。
この記事を書いたときはワラーチを履き始めた時で、
足の親指が正面を指しているのが良いと言っているけど、
今の感覚ではそれより感覚的に2~3度広げたくらいがちょうど良いと感じている。
(もしかしたらこの感覚の時にちょうど正面を向いている可能性もあるかと思う。)
この足の向きが着地した瞬間に感じ取れるので、もし内股気味に着地したとしても、
それが連続してしまい、故障につながるということは無くなると思われる。

そしてそしてそして、今日のランニングの終わりころに、
小指も使って走れていることに気が付いた。
指が全部同じワラーチの上に乗っかっていると、
小指を使わなくても走れてしまうらしい。
その制限を解除、つまり直接地面に触れられるようにすると、
俄然、小指が働き出してくれるみたいだ。
ということは、今まで薬指や中指辺りがこなしていた仕事の一部を
小指がしてくれることによって力が分散して楽になるのかもしれない。

とここまで良いことづくめじゃないか。
思い切ってワラーチ改造してみて良かったと思う。

悪い点は、汚いトイレには入りたくないとか、
間違ってもウンコや吐しゃ物は踏みたくないとか、
心理的なことだけだろうか。

今日走ってみて、親指にワラーチの端が当たる感じがするので、
もうちょっと親指付近は短くしても良いのかもしれないと思う。

んで、速く走れるのかというと、まだちょっとわからない。
昨日お酒を飲みすぎたせいか、キロ6分40秒と最近のペースより後退してしまったから。
これから検証していきたいと思います。

七人の侍を観て、まさかこんな展開になるとは思わなかった。
七人の侍を観ただけではなく、ブログに書こうと思わなければ気づけなかったことなので、
色々なタイミングや巡り合わせがよかったんだろうなぁと思う。
良い発見ができた、良い黄金週間だった。
1部汚い表現や画像があり申し訳ございませんでした。
土下座.png
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ランナー目線で見る『七人の侍』 [ランニング]

侍の動きを走る参考にしたい、と思い『七人の侍』を観た。
この映画エピソードで、
駆け出し時代の仲代達矢さんが侍の歩き方が出来ていないと、
朝9時から夕方3時までOKが出るまでかかったという場面があって、
その場面の時間が何と2秒だけだったという。
ちょっと場面のつなぎになるようなカットにもこだわりをもって作った映画なら、
侍の動きも実際に近い動きをしていたのでは?と考えて参考になればとこの映画を観てみた。

でも、結局ストーリーが面白いので物語りを楽しんでしまい、
侍の動きに注意して見られたのはほどんどなかった・・・・。

その少ないながらに侍の動きを感じられた場面というのは、
僧に扮した侍が、
人質を取った盗賊におにぎりを差し入れするフリをして
(僧に扮しているので)丸腰で近づき、
相手の刀を奪って切り捨て、子供を救うという場面。
おむすびを盗賊に放り投げ、隙ができたその刹那、
スッと動き出す侍。
その動きが足で地面を蹴らずに、
まず身体の重心から動き出して足がついてくるという侍の動きを再現していたように見えた。
武術の世界では足で地面を蹴って動き出すのを「居着く」と言って嫌う。
踏ん張る分遅れが出て、その遅れが命の懸かった場面では生死を分けるらしい。
この蹴らない動きを習得できれば、もっと上手く走れるのになぁと思いつつ、
見ただけでは、どうしたらよいか皆目見当がつかないが
1歩1歩集中して自分の走りを観察しつつ、
そんな走りに近づければいいなと思う。

ランナー目線で気になったのが、
侍が農民に戦を語る場面。
「戦ほど走るものはないぞ」
「攻むる時も退く時も走る」
「戦に出て走れなくなった時は死ぬ時だ」
と侍は語っている。
ヤバイ、侍だったら腸脛靭帯炎で走れなくなって死んでたオレ・・・・、と思った。
まぁ、その時代の侍として育ったら腸脛靭帯炎になんてなってないと思うけど。

あと農民も侍も立ち姿や歩き姿では、
足と足の間が1足分以上開いているというのが、
やはり目についた。
自分は身体の中心に近いところで着地する癖があって、
それが当たり前のように感じていたけど、
自体の構造上それでは不安定なのは、
ちょっと考えればわかることなのに、
この当たり前のことに気づくまで腸脛靭帯炎になって、
色々考えるまで気づけないでいた。
とんだ遠回りだけど気づけたのでまぁ良しとしたい。

七人の侍の中でも老侍と若侍がいて、
老侍は力感なく走るのに対し、
若侍は軽やかに跳ねるように走っていた。
これはただ単に若いから、年をとっているからではなく世代間の違いで、
若侍の方は私と同じく現代風に矯正された結果の走り方だったのではないかと
ふと思った。
この映画が公開されたのが昭和29年(1954年)。
その時の世代差がその動きに現れたのではないか?
と思うのは考えすぎだろうか。

最後にもうひとつ、気になったことがある。
農民が土下座した場面で足の裏が見えるのだが、
その足の指が草鞋(わらじ)からはみ出しているではないか。
土下座.png
調べてみると、昔の草鞋(わらじ)は、現在の草履(ぞうり)とは違い、
鼻緒が草鞋の先端についていて、指がはみ出るように出来ているものらしい。
それは推進力が出しやすいためだとか、大地をつかむためだとか言われているみたいだけど、
現代の思考の癖がついた頭で考えても仕方がなさそうなので、
ワラーチの先端を切って草鞋(わらじ)と同じような状態を作って走ってみようと、
今このブログを書いていて思った。
ちょっともったいない気もするけど、試してみたい気の方が少しだけ勝っている。
このワラーチで1300㎞以上走っているし、次のワラーチも作ってあるし、
タイミング的にちょうどいいので、やってしまえということなのだろうか。

まさか『七人の侍』を観て、こんな展開になるなんてと思う連休終盤であった。





nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

リハビリラン92日目 [ランニング]



1歩1歩集中して走れているせいか、調子良く走れている。
キロ6分30秒をキープできたらいいなぁ、くらいに思っていたのが、
今日はキロ6分24秒で、しかも目標心拍数を大きくオーバーすることなく走ることができた。
これはリハビリランを始めてから初のことで、とても嬉しい。

ガーミンのデータをエクセル落として、
目標心拍数を3拍以上オーバーしているラップには赤く網掛して、
どんな所でオーバーしてしまうか気をつけるようにしているのだが、
このエクセルデータが真っ白のままというのが感動的だった。

楽に鼻呼吸できる心拍数で、このまま速く走れるようになれたら、
どんなに走るのが楽しくなるだろうと期待してしまう。

5月に入ってから調子が良いが、
前回の記事で書いたように1歩1歩どう身体を動かして着地しているかと、
集中して自分の走りを観察できているのが良いのかもしれない。
きっかけを与えてくれた田中マー君に感謝です。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

リハビリラン89日目 [ランニング]



12㎞強を6分30秒のペースで走った。
今朝は涼しくて走りやすかったが、
これから気温が上がっていくらしいので、
走りやすいコンディションで走れるのもあまりないかも。

先月出せそうであまり出なかったキロ6分30秒ペースで走ることができた。
5月は幸先が良い。
このペースが定着して5月が終わる頃にはキロ6分で普通に走れるようになって、
リハビリラン終了!という流れにならないかと思う。

ところで昨日のNHKの「プロフェッショナル 仕事の流儀」の田中マー君の練習の取り組み方が
参考になった。
マー君はキャッチボールの1球1球を大切にしていて、
感覚を研ぎ澄まして、今投げた球がどうしてそういう球になったのか、
次の球はどう修正すれば思った通りに投げられるのかを常に考えているという。
普段のキャッチボールから、そういうことを実践していて、
それ以外に自分を成長させる方法がない、というようなことを言っていたと思う。

出来ていないなぁ、と思うことを指摘されたようでハッとした。
「何となく」走ってしまっていることが多かったので、
1歩1歩どう身体を動かしたからその1歩がそのような1歩になったのか、
よく観察して感じて走れるようになれば、もうちょっと上手く走れるようになれるのかもしれない。

なんて考えての今日のランニングだったので、
それで最近にしては上手く走れた感じがあって、
そして最近にしてはちょっとだけ速く走れたのが嬉しかった。

走る時には音楽は聴かない派だけど、
頭の中で流れているだけでも、
今現在の自分の身体の観察がおろそかになっていると、
先日の30㎞走で思い知らされたということがあった。

だからこのタイミングでマー君に教えてもらったのが、
何だか嬉しかった。

出来れば「そんなの当たり前じゃん」と言える自分でいたかったが、仕方がない。
せっかく気づかせてもらったので、集中して走れるように意識していきたい。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

4月まとめ [ランニング]



今月は合計218㎞を2日に1日のペースで走った。
大体目標通りに走ることができた。

収穫はと言えば、まだまだ走るのがヘタクソだということを自覚できたことだろうか。
30㎞走の時に右足内踝に痛みが出て思い知らされた。

一番厄介な癖が右足が内股気味になりがちだということだ。
身体の中心を軸にして回転運動を繰り返して時計の歯車みたいな動きをしてしまっているので、
足をただ前に出す、という動きを追求したい。
このために足ばかり意識していたのだが、
足の根本の骨盤を意識して、そこから動かす感じで足を前に出すと良いということに
昨日歩いていて気が付いたので、今後のランニングに生かせるか試してみたい。

4月中にはキロ6分30秒ペースで走れていたらいいな、と思っていたものの、
10秒足りず、大体6分40秒ペースで走っている。
でも、また確変みたいのがあって急にキロ20~30秒速くなるんじゃなか、
という予感とうか期待もしている。

5月中にはキロ6分ペースで走れていれればいいなと思う。
今、予想より10秒遅れてるからムリかなぁ。
確変来い!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

リハビリラン87日目 [ランニング]

30㎞走の時に痛めた右内側のくるぶしは、まだ痛みがあるもののフォームを気をつけて走る分には問題がなさそう。
今朝は13㎞弱を6分40秒ペースで走った。


だんだんキロ6分台が板についてきた。
1キロごとのペースでも7分台が少なくなってきている。
5分台は中々でないものの心拍に余裕があって、
同じペースでも目標心拍数の下限近くで走れている時もある。

フォームで気をつけている点は、
骨盤を意識してその真下で着地し、足と足の間が一足分空くように意識すること、
頭も骨盤の腰の真上にあるように意識し、そのために鎖骨を後ろに引くように意識すること、
となるべく注意する点を少なくできるようにしている。

ついつい余計なことを考えたり、音楽が頭の中に流れたりして、
走りに集中できないことも多いので、もっと今現在に意識を集中して走れるようになりたいと思う。

久しぶりに30㎞走った [ランニング]



20㎞ほど先に用事ができたので、ランニングで行って、
帰りは走れるところまで走るという趣旨で走ってきた。

20㎞くらいかな?と思って実際に走ってみたら25㎞もあって、
このまま走って帰ったら50㎞にもなるのか・・・・ゴクリ、と思い、
帰りはどこかで電車の乗ることを前提に線路沿いの街道を走る。

最近キリンジの「エイリアンズ」という曲にハマっていて、
走りながら頭の中でリピート再生されていた。


音楽は砂糖みたいに中毒性があって、現を抜かせる作用があるので、
ランニングを始めてからは、あまり聴いていなかったのに、
LINEモバイルのCMの能年玲奈とあいまって印象的でハマってしまった。

で、現を抜かして何が悪いのかというと、
走りが雑になるということ。
上手く走れるようになっていれば、問題も少ないと思うけど、
まだまだ悪い癖がちょくちょく出てきてしまうのに、
頭の中のことに気を取られて、走りが雑になってしまう。

その雑な走りを続けた結果右足首に違和感が出てきたのと、
心拍が目標心拍数を超えて下がらなくなってきたので、走るのを終了した。

帰ってから足首を確認すると、
足を内側に向けて着地すると内側のくるぶし辺りに痛みがでる。
リハビリランを始めてからのずっと課題だったものが、いまだに解決されていない。

痛みとか違和感が出てからは慎重に走るのは当たり前だけど、
その慎重さと集中力をマンネリしがちな毎日のランニングに取り入れたい。
最近の走りは痛みがないことをいいことに雑になっていたことに気が付いた。
というか薄々感じていたのに改善できていなかったんだなぁ。

もっと今現在に集中して走って一歩一歩を大切にしなければ、と思い知らされた30㎞走だった。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

スカイツリーまでマラニック [ランニング]

昨日はスカイツリーまでランニングしてきた。
気温が高かったので身体がよく動き、
調子よく走るとすぐに心拍が上がってしまいガーミンに怒られる、
ということが多かった。

ガーミンがなかったら体感だけで、調子に乗って走って後半バテていたかもしれない。
調子が良いと感じるときは調子に乗りやすいので、
客観的に数字を示してくれるガーミンはやっぱり便利だと思った。

気温は高いものの、風が強くて写真を撮るのも結構大変で、
途中の写真撮影は両国駅前だけですました。


スカイツリーに近づきすぎて、うまく写真は撮れなかった。
ちょっと離れたところから見る方が綺麗に見える。
ふもと(?)だとスケール感がわからなくなる。


俄雨が降るかもしれない予報だったので素早く撤退。
キロ6分50秒のペースで走ることができた。
信号等でペースが遅くなりやすい街のマラニックでもキロ7分を切れたので、
もうキロ7分台とはオサラバできたと思っていいかもしれない。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

リハビリラン76日目 [ランニング]

16.7㎞をキロ6分54秒のペースで走った。
今日から朝ランの距離を1㎞伸ばした。


桜が満開で朝のお散歩の人もいつもより多く、暖かさを感じる。

日曜日のマラニックの後半で心拍計がずり落ちてきて、
面倒くさかったので心拍ベースを無視していつもより気持ち速めに走ったせいか、
今日のランニングは度々心拍オーバーでガーミンによく怒られた。
普段結構スピードを出すのを我慢して走っていたんだなと思った。
明日からはまた我慢強く心拍ペースでラクに走りたい。


ブログトップに中山道の古道の大宮氷川神社の参道の写真を載せた。
去年の桜の時期に撮影したもので、
その頃は、40㎞走・50㎞走・60㎞走と遠出して楽しかったなぁ、としみじみ。
(辛かったことはあまり思い出さない。)
壊れたスマホから最近救出した画像で1年越しで日の目を見ることとなった。