So-net無料ブログ作成

【月間400㎞】右膝に違和感【ペース維持中】 [ランニング]

今週は朝ランが捗って月曜日から土曜日の内5日間、
全て朝ランで93㎞走ることが出来た。
今月の走行距離は229㎞となんとか月間400㎞をクリアできるペースで走れている。

そんな中、先ほど右膝に違和感が出た。
腸脛靭帯炎の再発?とも思ってけど、確認してみたところ大丈夫らしい。
P3281075 (2).JPG
このポーズをとって膝上外側に張りがなければ、腸脛靭帯ではないと思っている。
とりあえずホッとした。
最近また内股気味にはなっているなぁ、とは思っていたので、
本当ならばその気づいた時点で修正しなければいけなかったと反省。
明日のランニングで走りながら確認してみたい。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

ちょっと未来の走り [ランニング]

小洒落た新しい車のCMの話ではない。

下り坂での走りの感覚のお話である。
下り坂ではスピードが出やすいので、
やがて速く走れるようになった時の平地での走りを意識して下っている。

最近はキロ4分台での走りの感覚を下り坂で体感して、
こういう感じなのか―、と観察しながら走っていて、
それが股関節を回すトレーニングを始めてからスムーズに足が回るので、
走るのがまた面白くなってきている。
去年の年末ごろには観察するのも難しいと感じていたので、
(記事『疲労骨折怖い 右足小指中足骨にも痛みが出たよ』参照)
どうやら一応成長しているらしい。

で、今日の朝ランはとても上手く走れた感覚があって、
ペースもそこそこ出てるだろうと期待してガーミンのデータを見てみたら、
キロ5分51秒のペースで一昨日の2部練の2部よりも遅いペースで、
ちょっとガッカリしてしまった。

でも、こうした良い感覚の走りを増やしていくことができれば、
そのうちスピードもついてくるだろう、と思っているので、
引き続きこの調子で走っていきたい。



ブログのトップ画像を中山道の大宮宿、武蔵国一宮氷川神社のものに変えました。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

中旬だけど今月の目標が決まったよ [ランニング]

昨日の2部練の疲れがあって起きれなかったので今日はランオフ。

今月は今のところ、11日中 4日で135㎞という走行距離。
平日に2日しか走れていないけど、週末の3部練、2部練で距離を稼げている。
(3部練での1日60㎞が半分弱をしめてるけど・・・・。)
このままのペースで走れれば、月間400㎞に到達することが出来る。

昨年の12月に400㎞走った時に、1日2食だったのを3食に増やした。
しかし1月2月は300㎞弱と走行距離は減ったにも拘わらず、
相変わらず習慣で1日3食摂っているので、
体重は2㎏ほど増え、体脂肪率も14%前後だったのが15%台へ増えた。
この体重増加がなければ、もうちょっと速くなっているに違いない。
(と思いたい。いや、そうあってくれ!と思っている。)

それを確認する意味も含めて、
今更ながら今月の目標は400㎞走るということにした。

季節は冬から春の様相になってきて雨も増えてきて、
雨でランオフという日も増えると思うので(今月既に3回)、
サボらずに朝ランをこなしつつ、
身体の声を聞いて頑張り過ぎないように走りたい。

昨日の2部練で気づいたのだけれど、
前回の記事で書いた股関節を回すトレーニングのおかげか、
足がスムーズに回っている感じがしている。
自転車のチェーンに油を注す前と後くらいの違いがあるかも知れない。
『BORN TO RUN』の「楽に、軽く、スムーズに」のスムーズにつながるのでは?
と期待してしまう。

こういう新しい感覚が増えていくから走るのは面白い。
この面白いを追求していけば、
いつか「1日100㎞を普通に走る」という目標も達成できるかも。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

股関節を回してみた [ランニング]

スピードスケートの小平奈緒選手がやっていた、
片足立ちして反対側の股関節を回すトレーニングをテレビで見て、
おぉ!スゲー!と思ったのを思い出して自分もやってみた。

小平選手はグイングイン回していたけど、
ストレッチするようにゆっくり回すのが自分には合っていそう。
(どうやっていたか確認しようと動画を探したけど見つからず)

片足立ちして反対側の膝を股関節と同じ高さまで上げる。
その膝の高さをキープしたまま、横から後ろに持ってきて、
普通の片足立ちに戻る、という流れ。
膝が横に来た時はハードルを跳ぶ時の後ろの足と同じ感じ。
この間、上半身はバランスをとるためにそれなりに動いている。

この動きがなんか気持ちいい。

横から後ろに行くときに注意力が無くなりがちなので、
ここを意識できるようになれば、動きが良くなりそうな気がする。

普段、準備運動とかストレッチとか走った後のケアとかはほとんどしていない。
せいぜい走った後に足を洗うついでに足の甲をマッサージするくらい。
足振りも寒くなってからやっていないけど、
  もう少し暖かくなったらガーミンがGPSを捕まえる時間を使って再開するかも。)
『BORN TO RUN』を読んだのが走るきっかけだったのと、
古武術の動きに関心があるので、そうなったのだが、
やはりその必要性は今の所は感じていない。

インナーマッスル優位で表層筋は補助的に使うくらいならば、
準備運動やストレッチは要らないんじゃないかというのが持論。
腸脛靭帯炎をやったのは、準備運動やワラーチや舗装道路の問題ではなく、
自分の身体の動かし方の問題だったのは確認している。

しかし、この股関節を回す動きは気持ちがいいので、
もしかしたら、ずっと続けられるトレーニングになるかも知れない。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

腕の重さを感じてのランニング [ランニング]

土曜日の60㎞走から中3日での朝ラン。
休養充分で身体が軽い。

寒いながらも気持ちよく走っていると、
下り坂でふと腕の重さを感じて走れていることに気が付いた。
腕ははた目から見ればダランと下ろしている状態。
だけど何もしていない訳ではなく、
肩甲骨から指先まで着地に合わせてリズムをとっている感じ。

足の重さを感じて走れたのも何回もないのに、
腕の重さを感じて走れるとは思ってもいなかった。
その感覚は想像もできなかったし、出来るとしても相当先のことだと思っていた。

足は大腰筋という大きなインナーマッスルを使うことによって、
足の重さを感じて走るというのは、まぁ理解できるとしても、
腕の重さを感じて走れている時は、どこの筋肉が働いているのだろう?とちょっと不思議な感じがする。

で、気持ちよく腕の重さを感じながら走ていると、ビデオカメラを持った人に並走された。


何だか最近の気候が寒暖差が激しいことについて、
ランナーさんの意見を知りたいとかそんな話だったと思う。
カメラなしならいいですよー、と言ったところ、それではダメらしいのでお断りさせていただいた。

ランナーとしては異端なワラーチ履きだし、マラソン大会に出るわけでもないし、
いつもただ単に走っているだけだから、ランナーと言われたことがちょっと嬉しかった。
まぁ、普通に見ればそうなんだろうけど、普通じゃないという認識がいつもあるので、w
普通に見られたのが嬉しかったのかもしれない。

ということで、しばらく腕の重さのことは忘れて走っていたけど、
また下り基調の区間で腕の重さを意識しながら走ることが出来て、
同時にではないけど、足の重さも感じながら走ることが出来た。

身体も軽く、心拍も上がりづらく、今日はとても良い走りが出来たと思う。
心肺がちょっと強くなったような気がして、60㎞走の効果だろうかとも考えている。
ゼーハーしなくても、1日の走行距離を伸ばして行けば心肺が鍛えられるなら、
一石二鳥じゃないか!

しばらくいいやと思っていた60㎞走をまた試したくなってきてしまった今日のランニングだった。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:スポーツ

【百里を行くは】1日で60㎞走ってみたよ【九十里を半ばとす】 [ランニング]

昨日は3部練で61㎞走ったよ。

疲れたものの目立ったダメージはなく、ちょっと自信がついた。
だけど、相当疲れたので60㎞という距離への心理的な障壁は取り払われることはなかった・・・・。

ツイートを見ると分かるように3回目のランは、ペースが急激に落ちており、
走りながら「これは激落ちくんだな、激落ちくんだな」(何故か繰りかえしてた)
ってダジャレをブログに書こうと思うほど疲労困憊していた。

朝ラン20㎞ 終了後に朝食を挟んで3時間後に午前ラン、
午前ラン21㎞ 終了後に昼食を挟んで2時間後に午後ラン20㎞というのが、この日の流れ。

朝ラン、午前ランはいつもの2部練のように普通にこなせた。
というか朝ランは心拍低めで、満月も綺麗でとても気持ちよく走れてたし、
午前ランも10㎞ 以降は心拍が上がりやすくなったものの、
余裕をもって終えることが出来ていた。

3回目の午後ランは走り始めから心拍数が高くなりがち。
ペースを落として目標心拍数に入るようにするとキロ7分台のペース。
これが5㎞くらいまで続いた。

↓午後ランの1㎞ごとのペース。

7:03-6:33-7:17-6:23-7:19

6:24-5:56-6:52-6:06-6:48

6:09-5:39-6:47-5:52-6:29

6:00-5:43-7:12-5:48-6:58

2.5㎞のコースをグルグル(いつでもやめられるように)したので、
縦に見るとだいたいコースの同じ所を走っている計算。

最初の1週目で結構疲れが出ていたので、とりあえず5周12.5㎞ だけは走って、
それでも調子(ペース)が上がらなければ、走るのをやめるつもりでいた。
調子が悪くても大体7~8㎞から12㎞くらいから調子が上がることが多いからの判断。

5㎞ を越えると段々走れるようになってきた。
ペース表を縦にみると16㎞まではビルドアップしている。
これは自然とペースが上がっている状態なので遅いながらも良い走りが出来ていたと思う。

でも15㎞ くらいからまた疲れを感じ始めてペースを落ちるのがデータを見ても分かる。
ここら辺から、激落ちくんだな激落ちくんだなとか、
1日で100㎞走るとかアホじゃない?とか、
何でこんなことしているのだろうか?とか、
マイナス思考が怒涛の如く押し寄せてきた。
いつでもやめられるように、近所のグルグルコースを選んだので、
この辺りでやめておいてもいいんじゃないか?ということも何回か思った。

この15㎞ 以降というのが大体60㎞走の55㎞ 地点ということになる。
そして「百里を行くは九十里を半ばとす」という言葉を思い出す。
撃沈した時の経験から思い返すと、
こういう時に「あと少し頑張れば」と思うと最後の最後に頑張れなくなる。
ので、「あぁ、ようやく半分が終わった」と思うとまだまだ先は長いと意識できて、
淡々と何も考えないように走ろうと思えた。
ここまで走ったのだから、今やめたらもったないというセコイ精神で走りきった。

先月に川越街道を53㎞走った時より、よほど疲れた。
一気に走った方が楽なのか?
間に普通に食事を挟んだのがいけなかったのか?
朝ランと午前ランの間は3時間あるのに、
午前ランと午後ランの間は2時間しかなく、
その差が回復の違いとなり午後ランの疲れにつながったのか?
など色々と思うところがある。

がこれらを検証するにはまた60㎞走しなくちゃ、だから今は考えたくないw
この3部練のついでに3日で100㎞走るというのもクリアしておこうかとも考えていたけど、
金曜は17㎞しか走っていない。合計で78㎞、100㎞には22㎞足りない・・・・。
今朝は8時間睡眠の後でスッキリ目覚めたものの、心拍が多少高めなので、
ランオフにすると早々に決定。
18㎞なら走っていたかもだが、22㎞は完全にイヤだ!ということでやめた。
なんか天気もいいし、素晴らしき日曜日って感じだ。

今までの1日の最長距離を何とか走りきることができたので、
なんか一山超えた感じがしている。


関連記事
【ゆっくり】ワラーチで62㎞走ってきたよ【頑張らない走り】


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:スポーツ

2月まとめ [ランニング]

18.2月まとめ.png

2月は28日中12日で299.44㎞走った。
月間走行距離300㎞達成ならず。
最終28日は朝ランを走るつもりだったのだけれど、
アラームを止めた記憶もないくらい熟睡していたので、
仕方ないとあきらめがついた。

2月はこんな感じで、やたら眠くて起きられない日が多かった。
その分週末にまとめて走ることになり、
3日間で80㎞とか、50㎞走とか、2部練とかで距離を稼いだので、
どうにか1日平均10㎞以上となる280㎞はクリアできた。

走りの内容はというと、
24日に初めて足の重さを感じて走れて(記事『足の重さを感じてのランニング』参照)
その次の次のランニング(27日)でも少しその感覚を感じることができたことが収穫。
足の重さを感じるということはインナーマッスル優位で走れていて、
余計な力が入っていない状態で走れていると思うので、
この感覚で走れる時間が増えていけば良いなと思う。

2月はラクに走るというのを意識してたことが多い。
『BORN TO RUN』で言う「楽に、軽く、スムーズに」の
軽くまで出来たと思うこともあるけれど、
再現性ということでいうと、まだ「楽に」という段階を練習していると思う。
たまたま出来た良い走りを再現できるように今後も走りたい。

あと3月は60㎞走に挑戦したいような、やりたくないようなwという気分。
一昨年の4月に60㎞走に挑戦して、
58㎞地点から走れなくなり歩いてどうにかゴールした苦い記憶があって、
(記事『60km走(30km×2)してきた』参照)
無謀にも翌週にも挑戦して今度は52㎞地点から電車で帰ったというトラウマがあるので、
心理的な障壁がちょっと高い・・・・。
因みにこの60㎞走挑戦のあとワラーチを履きだして故障し、
5ヵ月のランオフ、リハビリラン1年弱ときて現在に至る。

2年前よりは成長しているハズなので、
時間がとれるタイミングがあれば、撃沈した同じコースを走ってみたいと思う。
今の自分には2年前には知らなかったこの言葉がある。

「百里を行くは九十里を半ばとす」

ということはこの間走った53.5㎞というのが大体半分くらいだなぁ(白目



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:スポーツ

勘違いしていた丹田呼吸 [ランニング]

一昨日の深夜、地震で目が覚めて眠れなくなったので、
布団の中で丹田呼吸の練習をしてみた。

そこで今まで丹田呼吸=腹式呼吸だと勘違いしていたことが判明。

『日本の弓術』によると
腹壁が程よく張るように、息をゆっくりと圧しさげて、 痙攣的に圧迫せずに、息をぴたりと止め、どうしても必要な分だけ呼吸しなさい。
とある。

この腹壁が程よく張るように、というのが全然できていなかった。
呼吸法というと息を吐ききるのが大事という意識があったので、
(呼吸法を始める時はそうかも知れないが)
毎回吐き切ることを意識して大きく吐いて、大きく吸うというのが良いと思い込んでいた。
これでは「丹田に気を集める」なんてことには、ならないのかも知れない。

この時大事なのが姿勢だということにも気が付いた。
骨盤の前を開くイメージの姿勢でいると、
腹壁が程よく張る状態になりやすいと思う。

この状態でどうしても必要な分だけ呼吸する。
一旦この呼吸法ができれば、楽に弓が引けるようになるらしい。
私は弓は引かないけど、色んな動きが楽になるかも知れない。
そしてやがてはランニングにも活かせるようになりたい。

神足歩行術も、「先ず丹田に気を集め」ることから始めるとある。
この呼吸法ができるようにならなければ、何も始まらないと思うので、
できれば四六時中この呼吸を意識できるように、気持ちを持ち続けていきたい。
『日本の弓術』のオイゲンヘルケルはこの呼吸法を体得するまで1年かかっているという。
焦らず、しかし野狐禅的にならないように続けてみようかと思う。






ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

足の重さを感じてのランニング [ランニング]

昨日のランニングで足の重さを感じて走ることができた。
今までは歩く時には感じることができていたけど、走りながらは足の重さを感じることはなく、
その内できるようになればいいなぁ、くらいに思っていた。
それが去年の5月のこと(記事『ラクに走るためのエクササイズ』参照)

足の重さを感じられるかどうかということは、
インナーマッスル優位で足を動かせているかの目安になるんじゃないかと考えている。
それがやっと10か月経って走っている時に感じれた。
と言っても昨日の2部練の朝ランの一瞬のことで、午後ランでは感じることはなかったので、
今後再現できるかは分からないけど、体験したことでそこを目指すことは出来る。

この手の良い感じというのは中々再現が難しい。
意識が足りないのかもしれないし、考えて出来るものでもないのかも知れない。

経験を増やす=距離を増やす、ことをしてその時間の密度を濃くすれば、
(とにかく走っている時に余計なことは考えずに、自分の走りを観察する。)
良い走りの再現ができるようになるんじゃないかなぁ。

思えば、この足の重さを感じるということを意識してからだっただろうか?
何か上手く走れるようになる予感がし始めたのは。
予感が予感のまま、ずっときているのだけれど、
たぶん少しずつ成長しているハズなので腐らず諦めず続けてみようと思う。

因みにこの記事『ラクに走るためのエクササイズ』の中の足振りは、
寒くなってからは、すぐ走りたいのでやっていない。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

50㎞走後の疲労確認ラン [ランニング]

今日の朝ランは、一昨日の50㎞走の疲労確認のランニング。
15㎞をキロ6分ちょうどのペース。
当日はふくらはぎに張りがあったけど、
中1日でそれもなくなっていた。

ペースは抑え目なものの、
心拍はいつもより上がらずに低めに抑えられ、
自然とビルドアップする良い走りが出来たと思う。

いつもと同じように走れた感覚はありながら、
ペースは遅め、心拍も低めと何とも言い難い。
心拍が高めなら疲れているんだなぁ、と思えるけど、
やはり見えない疲れがあるのだろうか?

長距離走のダメージとしては左ひざの違和感がちょっとあって、
これは長距離走の30㎞以降にも出てきていた症状。
骨盤の前を開く意識が足りない、というか
意識の仕方がちょっと分からなくなっている状態。
しばらくは、この感覚を取り戻すことに集中して走りたい。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ