So-net無料ブログ作成
検索選択
その他 ブログトップ

御岳山の武蔵御嶽神社に行ってきた [その他]

そろそろトレランをちゃんと始めたいなと思っているので、
御岳山にある武蔵御岳神社の山の神様に挨拶をしようと出かけた。


トレランは2年前ランニング1年目の4月に小仏峠に1回行ったきりだった。
(記事『初めてのトレイルランニング』参照)
その後案下道(和田峠)で舗装道路で峠走をしただけなので、
(記事『案下道(あんげみち)走ってきた 和田峠にて峠走』)
トレラン初めと言ってもいいだろう。



朝7時ころ御嶽駅に到着。
山の麓までバスで10分くらいなので、もちろんランニングで向かう。
1㎞ほど川沿いを走って2つ目の橋を渡ると一の鳥居がある。


一の鳥居からは上り坂でだんだん傾斜がキツく感じられてくる。
1.5㎞くらいでケーブルカーの滝本駅へ。
ここまでは何とか走ることができた。
ケーブルカーを横目に石の鳥居がある登山道へ。
ここからは傾斜がキツくなるので、もちろん歩きで。


参道の杉の木には番号がふられていて、上の集落前にある1番の木を目指して登る。
大体3分の1くらいのことろにベンチがあってタイミングが合えばケーブルカーが見れる。



1番の杉の木から少し登ると集落に出る。
宿坊やお土産屋さんを抜けるといよいよ武蔵御岳神社の境内へ。


1番の杉の木を目指して登ってくると、そこから更にそこそこ登るので要注意です。

本殿でお参りをして、お守りとお札をいただき本殿裏へ。


天気が良ければ綺麗な円錐形の男具那ノ峰(奥の院峰1077m)が見えるらしい。
ちょっと行ってみよう。
早速先ほど頂いたお守りをつけて本殿を下りる。


↓1枚目の画像の鳥居を入ってすぐの所。このような山道を30分くらい登っていく。
P8131754.JPG
ツイッター2枚目の画像が男具那社で、
ここの道でいいのだろうか?と思っていたところだったので、
この社が見えてちょっとホッとした。
この男具那社から少し登ると男具那峰(奥の院峰1077m)の頂上。
まわりの木々にさえぎられていて眺めは良くないが、
石造りのお社が小さいながら荘厳で雰囲気がとてもよかった。
これからお山を走らせていただきます、とお参りをしてこの日の目的を達成。
あとは無事に帰るのみ。

本殿で頂いた登山安全のお守りには鈴が付いていて、
その鈴の音を聞きながら山道を歩いていると、
守られているという妙な安心感があってとても良かった。

リンリン鈴を鳴らしながら山道を下りていく。
登り途中で会ったワンコ連れのご夫婦に、
「天狗かと思ったw」と言われてしまった。
ワラーチで走っていたからだろうか・・・・。
なんかちょっと嬉しかった。

3時間ほどかけて登ってきた道を、
1時間ほどで走り下る。
トレイルを駆け下りる時はスキルが足りないのでゆっくり走れるのに対して、
舗装道路での下りとなるとスキル以上のスピードが出てしまい怖い。
パタパタ大きな音を立てながら駆け下りていたので、
すれ違う登山者達の注目を浴びて恥ずかしかったけど、
お山のルールで「こんにちはー。」を平然と繰り返す。
何人かの人の「サンダル!?」という声が聞こえてきて、
やっぱり驚かれるんだなぁと実感した。

下山後再び御岳渓谷へ。


この後2㎞ほど川沿いをジョグして、電車で帰宅。
護符のステッカーを玄関正面に(仮)貼った。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

ワラーチの紐が切れた [その他]

今日のランニング中にワラーチの紐が切れた。
切れたのは鼻緒の位置の紐で、
地面で擦れてではなくビブラムの穴で擦れて切れていた。

20㎞走の15㎞地点で切れたので、残り5㎞裸足で走るか!
と思いワラーチを脱いで走ってみたところ、
ちょうど粗いアスファルトで思った以上に足が痛い。
まだまだスキルが足りないらしい。
気持ちが萎えて今日は15㎞で終了することにした。

そして足とワラーチを洗って紐を付け直そうとした。


紐は画像の通りくたびれているので通しやすく、その辺の木の枝を拾って通す。
確かこうだったような、とうろ覚えで何となく形にはなって履けるようにはなった。
家に帰って動画を確認したら、やり方はあってたけどフィット感が悪かったので再び付けなおしをした。


今後はいつ紐が切れても付け替えられるように、
もうちょっと頻繁に紐のメンテナンスと洗浄をしなければいけないなと、
改めて画像で見ると汚いワラーチに反省。

そろそろ新しいワラーチの材料と共に替え用の真田紐も購入しよう。
最初はこんなに綺麗だったのに。
P4290740.JPG
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

プロフィール画像UPしてみた [その他]

プロフィール画像はワラーチか街道っぽい所の画像を自分で撮っていつか載せたいと思っていた。
思っていたけど、どうも良い画像が用意できないので空欄のままにしていた。
が、先日紹介したポーズスケルトンが中々秀逸で、
プロフィール画像にちょうど良い写真が撮れたのでUPしてみた。


これならランニングで行った先での記念撮影も撮りやすいと思うので、
遠出のお供にぜひ連れて行きたいと思うようになった。
例えば、


とか


とか、なんでもない風景でもポーズスケルトン君のおかげで特別な場所になるかもしれない。
今後の彼の活躍に期待したい。



WBC侍ジャパンが決勝に行けますように!

ポーズスケルトン [その他]

Amazonのツイッターでポーズスケルトンというのを紹介していて、
ランニングフォームの研究に使えるかもと思い購入した。
P3170990.JPG
15ヶ所の関節が動いて色々なポーズをとらして遊べるという。
普通の骨格標本とかは買えないけれど、
これなら10センチくらいと小さいし、安い。

遊んでみると、走る体勢を取らせるのが結構むずかしい。
こっちを動かすと、あっちが何かおかしいし、
そっちを直すと、またどこかが何かおかしい感じになってしまう。
何気に二足歩行してるけど、凄い高度なバランスをとって普段生活しているんだなぁと実感した。
上の画像は後ろ足が流れてしまって良い走り方ではないのだと思うけど、
「走っている感」が唯一出て撮れていたので採用した。

P3170993.JPG
外袋を外すと、こんな透明なプラスチックの箱に入っている。
これを見ると、足と足の間は1足半くらい空いているのがやっぱり自然なのかもと思う。
今の走りよりも、もうちょっと足の間を空けてみても良いかもしれないと最近考えている。

このポーズスケルトンの公式ツイッターでは、
ポーズスケルトンを使用した色々な画像がリツイートされているのだが、
公式の人が厳選してくれているので、レベルの高い画像が多く、
見ていてとても楽しい。

遊びながら、何かランニングのコツみたいなものをつかめたら、
どんなに面白いだろう。
Amazonで送料無料の2000円以上に調整するために、もう1体注文してしまった。
しばらく、色々遊べそう。

木刀の素振りを始めた [その他]

3か月走れない日々を送って体重体脂肪率も徐々に増えてきた。

そこで、どうせ走れないのなら代わりに何かしたいと思い、
何故か血迷って素振り用の木刀を購入した。

長さが約90cm、重さ約950グラム。
短めなので家の中でも何とか振れるし、
重さも真剣と同じくらいなので鍛練になるかと思い、
軽い気持ちでフリマアプリで購入してしまった。

しかし、届いた荷物を受け取って、その重さにビックリ。
米1kgより倍は重く感じるじゃないか。
こんなの振れるだろかと不安になる。
そう言えば、プロ野球の選手が使うバットでも、900グラムくらいで、
重いバットを使っている人でも950グラムらしいと聞いたことがある。
トップアスリートと肩を並べてどうするオレ。

素振り用の木刀は3kgとかあるのもネットで見ていたので、
950グラムなら自分にちょうど良いだろうと勝手に思い込んでいた。

梱包をほどいてみると野球のバットの様だった。
ただグリップがないので振ってみるとバットよりも重く感じるかもしれない。
失敗してしまったと思いつつ、とりあえず素振りを始めることにした。

ネットの動画を参考に腰を低くして素振りをしてみる。
重い木刀で腕のつらいが、腰を低くしているので足もつらい。
思いのほか足も鍛えられそうだ。
5分も振っていると汗がじんわり出てくる。
10分振ると汗は噴き出してきた。
和田峠で撃沈した時を思い出した。
『案下道(あんげみち)走ってきた 和田峠にて峠走』

走る代わりに1時間くらい出来ればいいかな、と思っていた自分が憎い。

今のところ1回に10分が限界で、2セット出来れば良いところ。
始めてから1週間くらい経った現在、
木刀の重さには慣れてきて、どうにか取り回しできるようになってきた。

家の中で振れる長さなので、
走れるようになってからも雨の日はこの木刀の素振りを続けたい。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

GPS時計を手に入れた [その他]

長距離走で遠くへ行く時に、地図上でポチポチ距離を測るのが大変なので、
GPSウォッチが欲しいなぁ、と思っていた。
値段や機能や不具合の出やすさとか、
色々考えたらわけがわからなくなって、
結局オークションで古いガーミンを落札した。

↓Garmin forerunner 405
P5270742.JPG
新品の状態で8時間の使用ができるらしい。
試しに2時間程走ってみるとバッテリーは30%減少したので、
フル充電でおそらく6時間は使用できるだろう。
とすると、50km先まで往復するとして往路は距離を測れるので、
しばらくはコレでGPS時計とやらに慣れてみようと思う。

実際に使ってみるとオートラップとオートポーズが凄く便利。
皇居を走っている時によく聞くあのキロリンコンという音は、
ガーミンのオートラップをお知らせする音だったのかと納得。
今まで3kmのコース1周でのタイムや
皇居1周5kmのタイムだけしかわからなかったのが、
1kmごとのタイムが分かるようになるのが嬉しい。

オートポーズは走り出しの押し忘れが無くなるのが良い。
時計が止まるまでに5秒~15秒くらいかかるが、
走り出しには2秒くらいで反応してくれる。

いつものコースを走ってみて、大体距離は合っていたので、
ひとまず信用して使って行けそう。

数年前のモデルではあるが、発売当時は4万円くらいしたモデルではあるし、
現行モデルと比較しなければ、そんなに不満なく使えるだろう。
なにより地図上で道が無い所を走っても距離を測ってくれるのが嬉しい。
これから色んな所を走ってみたい。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
その他 ブログトップ