So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

三連休はクソ暑い日中に走る羽目に・・・・ [ランニング]

先週の日曜日から朝起きられず朝ランをしていない。
明日こそ、明日こそ、と思いながらも起きられない。
暑さのせいで疲れているのだろうか?
その代わりに夜ランがメインになってきてしまっている。

月曜日は夜ラン10㎞。
火曜日も夜ラン10㎞。
水曜日はランオフ。

ランオフしたんだから木曜日は起きられるだろう、
と思い木曜日にギリギリ走れる時間に目覚めると雨!
ということで、

木曜日も夜ラン10㎞。
金曜日も夜ラン10㎞。

土曜日も起きられず、午後ラン。




日曜日も起きられず、午後ラン。
ガーミンのスタートボタンを押し忘れでデータはなし。
自動ラップのお知らせが全然鳴らないのにも気づかないくらい、
ボーッとしていたのか集中していたのかどっちだか分からないw




そして海の日の今日も起きられず、午前ラン。



午前中に走っておけば明日の朝までに間が空くので、
起きて走れる可能性が高いと目論んでみた。
乞うご期待!

でもまあ、猛暑と言われている中でもある程度走れたのでちょっと自信にはなった。
この三連休でどっかお散歩ランでもしに行こう!と思っていたけど、
暑すぎて具体的に考える頭の余裕がなかったので、場当たり的に走ってしまったのは反省。

500㏄の水を持っていれば、夏の日中でも15㎞は走れると分かったのは収穫。
(ゴール地点で水分補給ができることが前提でね。)
5月から頑張ってきた暑熱順化が上手くいっていると考えて良さそう。
ランニングをしていなければ、暑熱順化なんて言葉も知らなかっただろうし、
この暑さでバテバテになっていた可能性が高いし、
真夏の街中で走っているランナーさんを不思議な目で眺めていただろう。
(逆にそんな目で見られているのは分かっているぞ。)

で夜ランメインになっていることで、体脂肪率が下がってきた。
夜ランは心拍を上げずに脂肪燃焼ゾーンで走るので効果が出てきた模様。
16%を越えてきていたのが、14%台まで下がってきている。
体重は減ったり増えたり、量るタイミングでだいぶ違ってくるので、
あまり気にしていないけど減少傾向にある。

夜ランは夜ご飯を食べてから走っているので、
夜ご飯の食べ過ぎを防いでくれる。
食べ過ぎれば走るのがツラくなるので自然と自制が効くようになる。
走るとなるとお酒も控えるようになるので、体脂肪率低下に効果的だ。

でもこの三連休は日中頑張って夜も走らないという環境で、
モチロン夜ご飯と共にビール!という流れになってしまう。
ということで、体脂肪的にはトントンになる可能性もあり、ちょっと怖い。

今週はどうにか、朝ランも走りつつ適度に夜ランも走れればいいかなと思う。
頑張り過ぎないように気をつけたい。



にほんブログ村 その他スポーツブログ ランニングへ
にほんブログ村
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

総走行距離が1万㎞を越えたよ [ランニング]

ランニングを始めてから3年半。走行距離が1万㎞を越えた。
エクセルのデータによると、6月末までに1万70㎞ ほど走ってたらしい。

1年目 2840㎞
2年目 2008㎞
3年目 3258㎞
4年目 1964㎞(6月まで)

1万㎞と言っても実感がわかないのでググってみると、
東京からマルセイユ(フランス)、シチリア島(イタリア)、シカゴ(米)、オタワ\(^o^)/オワタ(加)、
までの距離と同じくらいだという。
思えば遠くへ来たもんだ。行ってないけど。

地球1周が4万㎞というからその4分の1ほど来たということか。
まだまだだな、という気もする。
『母を訪ねて3千里』のマルコにも届いていない。
やっぱりまだまだだな。

走り始めた頃は1~2年で1日100㎞走れるようになってやる!と何となく思っていたけど、
全然到達出来てないし(最長距離は1日62㎞まで)、
100㎞走れるようになってる頃には、時速15㎞(1キロ4分)で走れていると思ってた。
(今は20㎞をギリギリキロ5分を切るくらい。)

でも成長していると思える点もあるのだよ。

2年目に腸脛靭帯炎で5か月間のランオフがあった以外は走れていて、
今は故障につながるような違和感があればフォームを修正して、
故障を回避できるようになった(気がしている)。
この点だけは、「おぉ、ここまで来たか」と成長を実感している。

これは経験がものを言うので、
距離を重ねてその中でいかに身体と対話できるかによると思う。
走るのに慣れてくると、考え事をしたり音楽が脳内で流れたりと、
「今」から遠ざかる誘惑に憑りつかれがちなので、
なるべく今・現在の自分の状況を観察できるようにして距離を稼いでいきたい。

それが1日100㎞普通に走るという目標への近道だと思うし、
故障なく走れるようになるコツでもあると思っている。

今年も半分が終わって2000㎞弱、走ることができている。
今のペースで走っていけば年間4000㎞は走れるだろう。
このまま故障なく、距離を伸ばしながらスピードも手に入れられたらと思う。


にほんブログ村 その他スポーツブログ ランニングへ
にほんブログ村
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

エア柴又の完走証! [ランニング]

エア柴又の完走証ができてたので早速ダウンロードさせて頂いた。

エア柴又完走証_605走るおむすび.jpg

わーい!嬉しいな♪
印刷してゼッケンと一緒に大切に保管しよう!飾った方がいいのかな?
レース経験がないので、どうしたらよいのか良く分からないw

りょうたさん、お忙しい中ありがとうございました。


7月15日追記


しばらくは飾っておこうと思う。




にほんブログ村 その他スポーツブログ ランニングへ
にほんブログ村
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

マサイジャンプ始めました [ランニング]

記事『キロ4分台で走るためにダイナミックに跳んでみた(当社比)』で、
跳ねるように走るのを意識するようにしてみたと書いた。
これが中々上手くいっていない。

ので、何かイメージできる良い見本がないかと考えた結果、

マサイ族のジャンプはどうだろう?

と思いユーチューブで検索して動画を見てみた。
ただその場でジャンプしてるだけなのに、スゲー跳んでる!
コレ!コレ!コレ!この感じで跳んでみたいのよ!、と思って真似てみる。

全然跳べないよね~。

マサイ族の人は助走もなく、その場でジャンプを4,5回跳んで最後は大きく音を立てて着地する。
4.5回跳ぶうちにドンドン高く跳ぶのだが、何とも楽しそうな表情で余裕がある。
実にカッコイイのだ。

それに比べて日本人のオッサンである自分はといえば、必死で30センチくらいしか跳べませんでしたよ。
ウィキペディアによると、一般成人(25〜34歳)の垂直跳びの平均が55.2cmだという。

の、伸びしろがヤバすぎる・・・・。
と無理矢理ポジティブシンキングしてみるも、ショックは大きい。
一般成人(25〜34歳)より、オッサンだけど、もうちょっとできると思ってたw

とりあえず、現状を受け入れてジャンプが高くできるようにランニング前に、
このマサイ族のジャンプの練習をしてから走るようにしている。

すると何ということでしょう!

土踏まずに張りが出るようになりましたよ。

これが足底筋膜炎の初期症状だろうか、とも思ったけど、
次のランニングまでには、ほぐれているので心配はなさそう。
とりあえず、バネを使って走れている(気がしている)と信じて、
今まで使っていなかった筋肉なので様子を見ながら続けてみたいと思う。
垂直跳びで50センチとか跳べるようになったら、走りも変わるだろうと期待している。



にほんブログ村 その他スポーツブログ ランニングへ
にほんブログ村
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

6月まとめ [まとめ(月間・年間)]

6月は30日中、23日で383㎞走った。
梅雨の季節、走れる時に走っとけ精神と夜ランを始めたことで、
ランオフのタイミングを逃して今年の最長距離となった。
2018年6月まとめ.png

6月は夜ランを始めたことによって走る機会が増えた半面、
長距離走ができなかったのが残念。
暑熱順化が完了したなと思えたら、7月はどっか遠くへ走って行きたい。

朝ランはフォーム重視で走り、夜ランは低心拍重視で走る。
この組み合わせが良いみたいで、明らかに足の違和感が減った。
減ったというか、違和感を感じたらすぐに対応して大事にならなくなったと言うべきか。
経験(走行距離)が増えるのは、漠然と走っているのじゃなければ良いことだと思う。

ランニングフォームで最近気にしているのがバネ。
跳ぶように走るというのを意識している。
エア柴又が終わってから『BORN TO RUN』を読み直して、
今回目に留まったのが、アキレス腱は走るためのバネとして機能しているということ。
せっかく走るために付いているというので、使わない手はない。
けど、イマイチ使い方が分からず、こんなんでいいのかなぁ~と試行錯誤している段階。
7月中にはコレだ!というバネを使う走り方を掴んで記事に出来たら良いなと思っている。
これが上手く出来るようになれば、キロ4分台もラクに走れるようになるかも知れない。

そうそう、6月は初めてキロ4分台で10㎞とか20㎞とか走れるようになった。
これが結構嬉しい。
キロ5分くらいまでとは、走り方を変えないとキロ4分台前半では走れないと実感。
それがバネを使った走り方なのだが、
この走り方の効率が良すぎて体重が減らない説が自分の中で急浮上している。
(でも全然できている実感がない。)
速くラクに走れるなら、この走りを早くマスターしたいものだと思うし、
これが神足歩行術につながればいいなとも思っている。

6月はちょっと頑張った感があるので、7月はもう少しのんびりしてもいいかも。


にほんブログ村 その他スポーツブログ ランニングへ
にほんブログ村
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

ランオフがほとんどないのにリバウンドしましたよ [ランニング]

夜ランを取り入れてみて約2週間。
雨だった先週の水曜日以外は毎日(朝か夜は)走れている。

梅雨だから走れる時に走っておこうと思っているところ、
朝か夜のどちらかは雨が降っていなくて、
なかなか雨で走れない日というのがなく、
そろそろ疲労がたまってきたかなと思ってきたのが昨日。

暑いのもあってビールを飲んで昨日の夜ランはお休み。
そして今朝は20㎞走れる時間に起きたものの、
身体が重く起き上がれずに朝ランもお休み。

昨日は朝ランを走っているので、
そろそろ疲労が抜けてきたであろう今日、
夜ランで走るとまたランオフがない日が続く。

これだけ走っているのに、体重はまた夜ランを始める前に戻りましたよ。
1㎏減って、1㎏増えた。体脂肪率はあまり変わっていない。
これがリバウンドというものか。
週間120㎞ペースで走っているのに何故だ!
とも思うけど、まだまだ初めてから2週間なのでしばらく様子を見たい。


基本、夜ランは心拍を抑えてゆっくり毎日走り、
朝ランは起きれたらフォーム重視で速めに走るスタンス。
足の疲労状態によっては朝でもゆっくり走る。
そして朝ランしたら夜は休んでおk。

何となくこんなルールが出来上がりつつある。
毎日走るのが目標ではないけれど、
朝ランしたら翌日の夜までに回復していれば、
ゆっくりペースで10㎞走ればランオフしなくて済むので、
毎日走るというのが日常になることもあるかも知れない。
このルールで1ヵ月走れたとしたら、たぶん月間400㎞は達成できる。
そしてその時体重が落ちていなければ、いよいよ食生活を考え直そう。
(あるいは超省エネの身体を手に入れた!と喜んで走行距離を伸ばそうか。)



にほんブログ村 その他スポーツブログ ランニングへ
にほんブログ村
nice!(2)  コメント(4) 
共通テーマ:スポーツ

【体脂肪率は】夜ラン始めて1㎏痩せたよ【変わらず】 [ランニング]

体脂肪率を下げるべく夜ランを始めて11日経った。
体重は1㎏減った。やったぜ!と喜んでもいられない。
体脂肪率はあまり変わらない。何故だ!

11日間で13回走った内の5回が夜ラン。
そのすべてが心拍数を抑えてのランニングで、
13回中8回が同じく心拍数を抑えての脂肪燃焼ゾーンで走っている。
結局夜も走るようになり、距離が稼げるようになっているので(11日で177㎞)、
これで痩せても脂肪燃焼ゾーンで走っているからなのか、
距離を稼いでいるのかは分からないという・・・・。

夜は心拍を抑えての脂肪燃焼ゾーンで走り、
朝はゼーハーしない範囲で出来るだけ速く走る、というのを基本に、
足に疲れが残っていれば脂肪燃焼ゾーンでゆっくりというパターンで走っている。
回数の割合で見ると6割が脂肪燃焼ゾーンでの走りで、
距離の割合で見ると5割で脂肪燃焼ゾーンで走っていることになる。

この割合が多いのか少ないのかは全然分からないけど、
とりあえず、梅雨が明けるまではこんな感じで走っていければと思う。
このまま体重は減って体脂肪率が落ちないのであれば、食事を見直さなければいけなさそう。


1度稲荷ずしを作って食べた時に、酢飯はいつもより多く食べれてしまうために食べ過ぎた。
その後の夜ランは気持ちが悪く、10㎞の内8㎞くらいまでは気分が悪かった。
結局、食べ過ぎた分を消化したに過ぎなかったかも知れない。
これ以降、夜ご飯の量は少しセーブするようになったので、
夜ランは食べ過ぎを防ぐことにも貢献している。

なのに体脂肪率はあまり変わらない。何故だ!

ともう一度だけ言っておこう。



にほんブログ村 その他スポーツブログ ランニングへ
にほんブログ村
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

キロ4分台で走るためにダイナミックに跳んでみた(当社比) [ランニング]

先週の土曜日に皇居を走った時に、抜かし方のマナーの悪いランナーにムッとして、
「んにゃろぉ~、付いてってやる!」といつもより速いペースで追っかけてみた。
(ストーカーにならないように気をつけたい・・・。)
そのランナーは何かしらの大会のゴールかなんかで、すぐにコースから外れたのだが、
せっかくなのでそのままのペースで走り続けたら、今までで一番速く走れた。

この時はガーミンのスタートボタンがちゃんと押せてなかったらしく、
最初の7.5㎞のデータが取れてなかった。
でも20㎞のうちの後半12.5㎞をキロ4分45秒のペースで走ることができている。
中々突破できなかったキロ5分の壁を意外なきっかけで越えることができた。
ありがとう!マナーの悪いランナーさん!

この時のデータは序盤の普通のペースを含んでいないので、
今の自分の実力はどれくらいなのだろう?と気になり、もう1回そのペースで走ってみた。


月曜日の朝からやることじゃないな、と走り終わってから気づくというw
だがしかし、なんとかキロ4分台で走ることができた。

そこで思ったことは、キロ4分台の走り方は今までの走り方とは違うなということ。
ひとつはタイトル通りダイナミックに跳ぶように走ってストライドを広げるのを意識する。
地面を蹴るのではなく跳ねるといった感じで、
裸足ランニングでよく言われる伸張反射というものかもしれない。
この跳ぶ感じで走れれば自然とストライドも広がりラクに走れそう。
ラクに走るためにも、ここでも脱力は大切だろう。
これはまだ下りでしか出来ていないのだけれど、キロ3分台の走りにもつながると思われる。
しばらくは下りでこの感覚を味わって身体に覚えさせてみたい。
平地でも出来るようになればいいなと思う。

キロ4分台での走り方のもうひとつ、今までの走りと違う点は上りで頑張るということ。
ここにきて精神論かいっ!
と思われるかもしれないけど、上りでタイムを落とさないのが大事みたい。
上りでスピードを落とさない技術が、ここで頑張ることで身につけばいいなと。
頑張るけどやはり脱力の意識は忘れないようにしたい。

しばらくは、このキロ4分台での走り方を意識して走るのと、
心拍を抑えて脂肪燃焼ゾーンで走るのと、バランスを取りながら走っていきたい。


にほんブログ村 その他スポーツブログ ランニングへ
にほんブログ村
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

月間300㎞走っても痩せないのは何故? [ランニング]

って食べてるからでしょ!

痩せない理由その1。

去年の12月に月間400㎞走った時に痩せて、
これって痩せすぎ?と怖くなって、
それまで1日2食だったのを3食に変えた。

するとそれから距離を伸ばせず大体月間300㎞くらいしか走れていない。
にもかかわらず、相変わらず1日3食食べているので体脂肪率が上がっている。

今は体重を測り始めてからの最高で16%前後を行ったり来たりしている。
食と走りが上手くいっていたときは13%前後、
時には12%台の体脂肪率だったこともあった。

痩せない理由、その2。

4月14日から心拍コントロールすることなく、
ただフォームだけを気をつけて走っている。
この時の心拍数が脂肪燃焼ゾーンから外れているらしい。

痩せない理由、その3。

5月のエア柴又試走で熱中症の症状が出たのをきっかけに、
暑熱順化に取り組み始め、さらに運動強度が上がり、
脂肪燃焼ゾーンからもさらに遠ざかってしまった。


食生活を2食に戻すのは色々あって大変なので、
脂肪燃焼ゾーンで走る時間を作るべく夜ランを始めた。


心拍を気にしないで走りたいままに走るっていうのも楽しいけど、
心拍を抑えてラクに走るというのもまた楽しいと思った。
メリハリがあっていいかもしれない!と調子に乗って2日目。


ペース的にはキロ1分の差がある。
この差が無くなってきて、低い心拍で速く走れるようになればいいなぁ、と思っている。
けど、このやり方でいいのかどうか、続けられるのかは分からない。

特に夜ランは意識して時間を作らないといけないので面倒くさい。
洗濯物も増えるので面倒くさい。
週末は酔っ払いが多いので走りながらかわすのが面倒くさい。
と面倒くさいことが多いので、それを上回る効果や楽しさがないと続かなさそう。
走らなければならない、という義務感を生まないように上手くやっていければと思う。



にほんブログ村 その他スポーツブログ ランニングへ
にほんブログ村

nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:スポーツ

1代目ワラーチ終了のお知らせと3代目ワラーチデビュー [ランニング]

エア柴又が終わってから、また草鞋型の1代目ワラーチで走ろうと、
紐の調節をしていたら右の外側の穴が裂けてしまった。
まだまだ走れると思っていたのでとても残念。

でもこれが走っている時ではなかったのは幸いだったと思う。
最後に履いて走ったのがエア柴又の試走での47㎞走った時だ。
最後のランでこのワラーチ最長の距離を走ったことになる。
この時よく持ちこたえてくれたと感謝している。
総走行距離は3391㎞。
1代目ワラーチ走行距離.png
少なくともこれからも1足のワラーチを作れば3000㎞は走れるだろう。

この1代目ワラーチが役目を終えたことで、用意していた3代目ワラーチをデビューさせることにした。
3代目は1代目と同じく草鞋型のワラーチ。
早速履いて走ってみた。


久しぶりの草鞋型ワラーチだが、その欠点を忘れていた。
気温25度を超える晴れの日には、
路面温度が上がってアツアツのアスファルトで地面に触れる指先が火傷しそうになるということを。
ガレたアスファルトで指先が痛いのか、熱せられたアスファルトが熱いのか、
どっちかわからないまま走ることになる。

新しいワラーチの履き心地はというと、悪くない。
薄くなっていた1代目と比べると、ソールが厚い分路面に触れる指の部分が変わる。
指の腹より指の先が路面に触れるといった感じ。
それ以外の違和感はなく、普通に走ることができた。
これからの季節、日中に履いて走るには路面の熱さというストレスが大きそうなので、
しばらくは朝ランは3代目ワラーチで、日中に走るなら2代目ワラーチでといった感じになるだろう。

1代目ワラーチはまだ捨てずに、もしかして今後、「足半」(あしなか)として利用するかも知れない。
足半というのは、足の前足部のみを保護する半分になった草鞋みたいなもの。
もちろん普通に履けば、かかと部分は地面に触れることになる。
より裸足に近づくので、走り方に何か良い変化が生まれればいいなぁ、との皮算用をしている。
まぁこれは、その内やるかもしれないよー、くらいのモチベーションなのでいつになるかは分からない。

歴代のワラーチの画像は記事『ワラーチの走行距離が5000㎞到達したよ』参照。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の10件 | -